マンスリーマンションって何?そんなあなたのために簡単に説明します

リビング

PICK UP

マンスリーマンションの賢い利用法

マンスリーマンションに住む場合に多くの人は現金で精算をしている傾向ですが、賢く利用する事によって予算の面でお得になります。賃料などを支払う際、近年はクレジットカードで精算する時代に…

階数の指定ができる場合とできない場合あり

マンスリーマンション業界では、利用者がマンションの階数を指定できる場合と、階数を指定できない場合とがあります。これは運営会社によっては、規則として決まっていることですので、階数の希…

マンスリーマンションはとても快適でした

私は以前仕事のために1ヵ月ほど地方に行かなくてはならない時がありました。その時は自分で泊まる場所を確保しなくてはならなかったのです。最初はホテルを探していましたが、長期間の宿泊だと…

様々な面において便利

短期の出張であればビジネスホテルや旅館など様々な宿泊方法もあるでしょう。また家族の元を離れて単身赴任ともなれば、アパートなどを借りる必要も出てくると思います。 しかし、その一方で…

マンスリーマンションって何?

マンスリーマンションという言葉は良く聞くけれど、結局のところそのマンスリーマンションってどういうものなの?と気になっている方はとても多いのではないでしょうか。そういった方々に向けて、これからマンスリーマンションとはどういったもので、どんな人が利用をするマンションであるのか簡単に説明をしていきたいと思います。
マンスリーマンションというのは、普通のマンションとは違って敷金礼金が必要なく、最低入居日数も非常に少ないマンションになります。最低入居日数はマンスリーマンションごとに異なりますが、一週間からというところがかなり多いです。一週間以上一年未満の契約となる事がほとんどで、出張などでよく利用されます。微妙な期間の出張の場合には、ホテルだと非常に高くつく事が考えられます。しかし、マンスリーマンションであればその費用を抑える事ができますから、非常におすすめだと言えるのではないでしょうか。
マンスリーマンションについてご存知ではないという方々にとって、ここで紹介をした事が参考になればと思います。多くのマンスリーマンションについて気になっていた方は是非とも上記を読んでみて理解を深めるようになさってください。

マンスリーマンションで注目する所

マンスリーマンションを契約する時に注目する点は、部屋の貸し出しを行う際の料金と騒音などの度合いです。不動産屋で仮に半年間の契約で部屋を借りる場合、利用する料金のシステムに注意する事が大切です。料金のシステムとして賃料に光熱費や清掃費などを含めて請求する場合が多いですが、不動産屋によっては光熱費などを自己負担として支払ってもらう場合もあります。予め賃料に光熱費などを含んでいる場合、電気やガスなどの使用状況に関係なく一律の料金で請求される事が多いです。
外出をしている事で殆どマンスリーマンションの中で電気などを利用していなくても、一律的に設定した金額を請求されます。電気を全く使用していなくて一律的に光熱費を支払う事を考慮すると、光熱費は自己負担で支払う事がお得になる事も多いです。
部屋を選ぶ時には防音の度合いなどを注目する必要があって、出来るだけ防音効果の高い物件を選ぶ事が大切です。防音のシステムが良い物件が見つからなかった時は、出来るだけ片隅の物件を選んで、隣からの音が聞こえない部屋を選ぶ工夫が大切です。料金のシステムを確認する時には、駐車場などの付随の費用を担当者と確認しながら、トラブルの無い事を前提とした利用を心掛けます。

マンスリーマンションの利点

マンスリーマンションは原則的に賃料と光熱費などの付随費用を支払えば良い事が特徴で、一般的な賃貸契約で必要な敷金や礼金が不要である事が利点です。住む時に必要な仲介手数料や保険料の支払いも不要です。ビジネスホテルに住むよりも契約書の発行などで多少は時間は掛かりますが、数十品目以上の生活用品が完備されている事が特徴です。ビジネスホテルで1ヶ月生活する事を考えた場合、必要最低限の家電製品しか無い場合が多くて、意外にも1日当たりに使う料金はマンスリーマンションの基本料よりも高いです。1ヶ月の基本的な料金は賃貸マンションの賃料より若干高い傾向ですが、退去の時に2万円程度の清掃費を含んでも、一般の賃貸契約を結ぶよりも料金の面でお得です。
生活に必要な洗濯機なども置いていて、水道の料金が元々無料の地域では水道代を含まないで洗濯をする事が便利です。ビジネスホテルは設置の問題で洗濯機を置けない事は当然で、賃貸マンションを利用する場合は原則的に洗濯機を置いていないので、マンスリーマンションを利用する方が快適に生活を送りやすいです。基本的には住む際に必要な着替えなどを用意しておけば良いので、引越し費用の負担を心配しなくて良いです。

TOP